重陽の節句


芦屋神社

9月9日は重陽の節句。

奇数は縁起の良い陽の数字で、その最大数である9が重なるこの日。

奇数が連なる日で有名なのは、桃の節句や端午の節句、七夕ですね。


茶の湯では、菊の節句にちなんでお菓子に着せ綿を模したものを用意したり、床の花も菊の花に着せ綿を載せた設えもありますので、お茶を習っている方には、まだまだ馴染みのある日かとも思います。

スタジオのあります、芦屋。

山手にあります芦屋神社の手水舎は、重陽の節句限定でご覧の菊の花づくし。

残暑という以上に、強い夏の陽射しに照らされた1日でしたが、目から飛び込む花の美しさと手水鉢の水は、少しの涼と着せ綿に染み込んだ夜露を感じさせていただくことができました。


スタジオのスタートとしては、10月からですが、その下準備となる話も今日でしたし、この佳き日にご挨拶を兼ねてお詣りしてきました。


0回の閲覧

659-0062 兵庫県芦屋市宮塚町12-24 旧宮塚町住宅2階8号室

090-6373-2121

©2019 by yoshida pottery